このクライアントさんは、子宮や心臓、股関節、首や肩が痛み不調がある方です。

2年以上もアーユルヴェーダやホメオパシーなど体質改善など様々アプローチされている方です。
最初のセッションでこれらの不調とチャクラの働きが良くないことがわかりました。TM瞑想を続けているらしく、エネルギーが通りやすい方ですので、セッションでは体のカタルシスがたくさん起こり自ら自発動で体が動いたので思ったよりセッションの進み具合が早くなりました。
つまり、深いトラウマや体の不調の背後には負のエネルギーが蓄積されているだけでなく、そのエネルギーがそこに留まり固定かされているので浄化作用として自然に体が動いていくと、その流れが負のエネルギーを動かすため浄化が進み解放されやすくなっていきます。
ただ、和尚(バグワン・シュリ・ラジニーシ)が言うところによれば、TM瞑想は不眠症によく目覚める覚醒とはまったく違うため瞑想の観点から言えば、無意識になっていくマイナス面があるのでTM瞑想を和尚は批判しています。

お客様の感想

いつも、ありがとうございます。
今日はサーシャさんの施術中の不思議な体験を話したくメールしました
施術中は色々な体験をしますが、忘れる事が多く、数少ない覚えているのは、亡くなった祖母の家が浮かんだら、真っ暗な産道をくるくる回転している私。
父、母の愛を感じ私の誕生を待ちわびていて、その愛はとても深い、だから頑張って暗い産道をこの世に向かって進んで行く私。私はこんなに愛され、望まれていたんだ。
涙が止まりませんでした。
ある時は愛の光が差し込み、それはオレンジ色で、まぎれもなく愛で、私はその光とともに全てと一つになり、宇宙が私、私はない、全てだから、この時も涙が止まりませんでした。
ある時は海と崖に立つ城が浮かび、悲しくて涙が止まりませんでした。
ここは中世でしょうか?
この光景は何度も昔から見ていましたが、感情がやって来たのは初めてでした。
今、私はまだ施術に通い始めたばかり。
身体の不調で通い始め、根は深いとサーシャさんはおっしゃいます。
きっと、そうなのでしょう。
今、私は毎日笑って家族や友達、近所の方々の愛に包まれ生活しています。
幸せです。
ありがとうございます。

人は必ず変わる事ができる!ということです。

長い間のストレスから心臓が悪くなり、常に不安症にかられ時にはたった1人残された自宅でわめいていた…というE子さん。ご主人は仕事で帰宅が遅く毎日が不安だったそうです。

数年前に子宮検査でひっかかったそうで、胃腸の調子も悪く自分が元気になる事が信じられなかったとご本人はおっしゃっていました。先日ご田舎へ帰られた時も、親戚にあったり…など体の面が大丈夫だろうか?と不安だったらしいですが、全然問題なく楽しく過ごしてご実家から帰ってこられたそうです。

まだ、胃腸の弱さや冷え、そして首あたりに問題がありますが…かなり良い方に改善してきておりご本人も鼻歌が出るようになって、お子さんからも「お母さん!元気になったね!」と言われているそうです。